ほのぼのサロン     (境港市渡町  旧  庄司自転車店)

ミニギャラリー

第30期 陶器・パッチワーク作品 二人展    2020.01月期

​ 令和2年 初展 もしかしてそこに合ってるかも 珍しいパッチワーク2種類とし珍しいしめ飾り と 始めて10年陶器の二人展

6月期 故 渡辺りうじ氏 (洋画家)の作品展

   21歳に時南満州鉄道に入社し 同好会に参加する そのかたわら独学で

   頑張り昭和19年に 満州国美術展覧会に入賞する

   戦後は渡村に帰り役場に勤める傍ら制作活動を続け境港彩港会創立に尽力

   米子美術家協会、米子チャーチル協会に所属し精力的に創作活動を続ける

    温厚な性格を現す やわらかなタッチは 落ち着いた色調とあいまって

​   りうじ流と評価されていた。

​第27期 卒寿を迎えての 絵手紙作品展2019.10月期

 NHK学園を卒業+更に努力 絵手紙をもう今までに何枚だろう 米寿を迎えても描き続けている 四季、魚、花、植物と 多岐に渡り描き続け今に至る とてもほのぼのとする 癒し受ける作品だ。

​ 英会話もマスター それにピアノの腕もほれぼれとする。そんな人の作品を一度はご覧ください。

 世代を超えて 撮り続けてきた さかし今は自由が効かず昔を懐かしむだけ

作品は沢山あるが最新の撮り方とは 少しばかり違う気がする

 でも歩んできたところを見て欲しい気がする

​ だから 思い切って見てもらおう

 抽象画何度か展示してますが 今回は抽象画だけだはありません

とても参考にもなるのではないかと思います。

​ 一度足を運んでも 無駄ではなく有意義な面があると思います

 ある時写真に魅せられて奮起 仕事にも集中余暇を最大限活用 目的貫徹 邁進

年齢的に遅かりし頃(40~60) 夜討ち朝駆け精神で題材を決めそれに対して 猪突

猛進行動で得たものも大きかった 国展に入選 フォトコンテスト 金賞受賞また県展

にも しかしやることはそれだけでなく多岐に渡る 世の中への貢献も考え現在では多

​分野で活躍する マルチスキルマンの作品。

 油彩画を 日曜日松江道場へ通って日々努力 目標は絶えず今より上 まずの目標を達成する前にその上を目指し変更する。

 なんと いつも自分に妥協をしない ムチと飴ではないが奮起する男の作品。  

2019年(令和元年)5月期

 昔日の影 と称してモノクロ写真 7枚の組み写真 の展示です。

​現在は小休止中かな? 光りと影のコントラスト 陰影をどこに置くのか被写体を考えながら光をどこに当て 影をどこに置くのか シャッターチャンスを狙い そして現像焼き付けに注意を払った作品です。

 絵画教室を主宰しながら 現役でも活動されている。

​今回は 今までとはとても違うタッチで描かれています, 素人には思いもつかなかった 少し不思議な感じだ でも凄い デッサンです。

 遠くは長野県まで 足を運び山歩きを楽しみとする趣味の世界かな そして近くは

自宅周辺を散歩と時間を見つけては歩き健康にも注意している 歩きながらふと足元や周辺を見たら綺麗な草花が咲いている 癒しにもなり そして元気も出てくる

​ 皆さんも島根半島の山を 遊歩道を歩いてみませんか?。

 歴史 思い出の場所 懐かしい場所 忘れてはならない場所 個人それぞれでしょうが 中でも共通する場所 描いた時はそのようには思ってはいなかった場所 今ではとても懐かしく昨日のように思い出が 瞼の裏へ もう一度行きたい場所もある 今は行けないもどかしさもある そんな思いも一部にはあるがこの絵を見て頂き 思いを同じくしましょう。

 師匠につき頑張りを続けてきた 思い通りにかけない日々が数年 自分に鞭を振り所期貫徹の精神を胸に いつかは・・・・・・・ なんとか様になっているのか不安な毎日 恥をしのんで見て頂き辛口コメントを頂き 更に頑張りたい そんな思いを胸に励んでいる 近所の画伯を目指す人の作品です。

​ よろしくお願いします。

 書に半分以上の自信を持って そして研鑽を重ね都度が鍛錬をしての書です

味わいのある 目の保養にもなる また心の癒しにも とても落ち着きます

習ってみたい欲望も心のどこかで沸いてきそう

​ 足を運んでみてください。

​十月期 油彩画 清水画伯

 今でも 教室を開き指導者としても活躍されてます

抽象画が多いですが 見る人の創造性や感性に訴える作品と思います

​ 観て自分でも描けそう そう思う一時もあってもいいのではないでしょうか。

 ほんの地元の 日常の姿を捕らえた写真です 今ではとても懐かしい場所や 今でも あっ! あそこだ! 

​ そうだな あのような構図で写真撮ってみよう! そんな思いにさせられる作品です 如何ですか みてください。

 とても素直に感じる画風って言っていいかな?

​素人でも少し引き込まれてしまいそうになる よく分からないけどそうかんじるのは変かな? 一度見てください。

 最近では 指も以前のように自由が効かなくなりつつある そんな状況の中綺麗な花の魅力には勝てず 遠くまでも出かけたくなる そのように言われてたが 今回綺麗な写真が撮れたようでした

五月期  モノクロ写真・陶芸・折り紙・糸鋸こいのぼり

四月期  水彩画・開閉できる番傘(折り紙)・陶器

三月期  変わり雛人形

​第八弾  日本画

第七弾  カービング と 糸鋸アート展

     カービングは 最高に精巧に出来てます

     糸鋸アートは 厚い板を形にくり抜いて

      それをパズル式に細分化してある

​      一度崩すと元に返るかとても不安

県展に過去 入賞された経験を持たれるサロン開設者の旦那さんである方の

​作品です

第六弾  押絵の展示です

     不思議の国 からの

          まつぼっくりと パイナップルは

​          継続展示です 壊れるまで

第五弾  陶芸 と 書 を展示してます

   同時展示で 不思議の国 からの

         まつぼっくり と パイナップル  

第三弾からは 現地で現場でご覧ください

​ どうか かわいがってください。

​第二弾

写真と観て歩記 

   山野草等を見た場所 自筆画で

​   説明などを加えた物も展示

 趣味のミニ写真展を開催してます

どうぞお立ち寄り下さい。

  おもてなしは出来ませんが 見てやってください。

​ 初回は 橘 容子さんの作品です。

第一弾

観て歩記はほのぼのサロンでご覧ください

​第29期 クリスマスバージョンでの作品を     2019.12月期

 年 終わりの月を迎え クリスマス月でもあろう そのクリスマスを作品で飾ろう

そんな思いに作成した作品を掘り起こしてみた そんな作品への思いを少しでも感じて頂けたら幸いです

​ 日一日と指先の自由が 何となく動きが鈍ってきたのかな? そんな思いが脳裏をチラチラ

第28期  現代押し花絵作家とミニチュア作家2人展 2019.11月期

  斬新な押し花絵 と聞いても?????? そうです 一度足を運んでください。

そして 指先ではコントロール出来そうにない 工作? 目が疲れる。

 の2人展です。

 一見 写真?? 絵?? ・・・・・ 

押し花です 百聞は一見に如かず 

そうです

お出かけください。 

 ピンセットのコントロール? 

指震える 精神統一 無心 リラックス

 いろいろ う~ん わからない・・・・

​目薬 ・・・・・ 良し 出来た 完成 

分からない世界 ミニチュア作品

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

© 渡ことぶきクラブ Wix.comを使って作成されました

〒684-0072 境港市渡町1356-1 公民館内

電話番号   0859-45-0903

​会  長   渡部 靖郎 (090-1845-3262)

Copyright  @ 2016  Wix Coporation WatariKotobukikurabu

​サイト利用について 

個人情報保護法

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now